英語力でプログラマが年収アップ

IT業界におけるプログラマは、実際にシステムを動かすプログラミングを行う重要な役割を果たす職種です。しかし、現実問題としてハードワークが必要とされるにもかかわらず、IT業界の職種の中では年収が低い部類に入ります。そのため、フリーランスをして稼ぎをあげようとする人も大勢現れています。

一方、プログラマの年収は世界的に視野を置くと決して低いことはありません。世の中を支えているITを担う職種として相応の給料をもらっていることがほとんどです。
特にIT隆盛の地であるアメリカのシリコンバレーでは、平均すると日本の二倍程度の給料をもらっている人も珍しくありません。したがって、プログラマが年収を上げる道として海外に転職するという方法があります。

その際にネックとなるのは語学力であり、アメリカへの転職であれば英語力が必須になります。しかし、それさえ身につければ、国内でも通用するようなキャリアを持っていれば海外でも転職できる可能性は十分に秘めています。
シリコンバレーのような大企業とベンチャー企業が混在して切磋琢磨している地域では多様なニーズがあるため、自分の活躍できる現場が必ずあると期待できるからです。

一方、給料の支給がそれほど変わらなくても物価が安い地域に行けば生活の水準は高まります。インドやシンガポール等、IT企業が進化を遂げている国で転職を考えるのもまた相対的な給料アップに有望な手段となるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *