プログラマの平均的な年収について

プログラマという業種の平均的な年収については、基本的には350万円から500万円程度と言われます。多いか少ないかはさておき、他の業種と比較しても一般的な金額と言えるでしょう。

とはいっても、業務の量や忙しさによっては、年収が変わってくる可能性があります。簡単に言えば、残業代としてどの程度が収入に入るかによっても、大きく金額が変わるからです。
そのため就職する場合は、初任給であったり給与水準についてきちんと確認するだけではなく、残業代がどの程度支払われるのかについても確かめておきましょう。
割と浮き沈みのある業種になるので、忙しくなる年には、残業代によっては年収も100万円ほど変わることもあります。

また、企業に属すことなく、フリーランスのプログラマとなって、様々な企業との間に時間契約を結んだりして収入を得ていく道もあります。
この場合には、専門的スキルに留まらず、営業面で自分を積極的に売り込んでいくスキルも必要になります。自分自身の力で営業しなければなりませんが、一般的なプログラマと比べて1年間に得る収入の金額に差が生じる可能性もあります。
フリーとして働いている人のうち、1000万円を超える人も、中には存在します。自分の技術や能力によって収入を格段にアップさせることは可能ですが、フリーになる場合は、企業に所属せずに働く上で生じるかもしれない諸々のリスクも頭に入れておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *