初期から稼ぐプログラマの道

世界の最先端を走るIT企業においては王道のキャリアパスが存在し、順にプログラマ、システムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーやコンサルタントとなります。
キャリアを重ねていくにつれて、よりプロジェクトの広い範囲に視野をもつ仕事となり、コーディングから離れて現実世界の問題を考えることや全体のマネジメントが仕事になっていきます。
こういった昇進によって年収が増大する傾向にあるため、激務をこなすプログラマは年収はそれほど高くないことがあります。残業手当等はあるものの、サービス残業となることもある企業も多いのが現状であり、仕事量の割には給料がもらえていないことも稀ではないのです。

キャリアパスの途中であるから仕方ないという考え方もありますが、もし始めから稼ぎたいと考えるのなら、経験を積んだところでフリーランスを始めると良いでしょう。すると、自分で行った仕事量に比例して報酬をもらうことができるようになり、企業に勤めているよりも年収が高くなることが期待できます。

ただし、高額の案件を数多くとってきて効率よくこなすことが必要になり、プログラミングだけでなくシステムエンジニアやコンサルタントが担っているような、現実問題のヒアリングやシステムへの対話能力をも持つ必要があります。しかし、そういった総合的な能力を発揮することができるよい舞台の1つであるのが、フリーランスでの仕事なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *